買う

物件購入から引渡しまでの流れ

住まいのことなら、私たち「西鉄の仲介」のコンサルタントにおまかせください。
「西鉄の仲介」のコンサルタントは全員が宅地建物取引士で、国家資格者になりますので、初めての方も安心してお任せいただけます。
豊富な物件情報の中から、お客様ひとりひとりのライフスタイルや購入条件、ご予算等に合った最適な不動産をお選びいたします。面倒な手続きにわずらわされることもなく、マイホームを取得することができます。
ご相談は随時無料で受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

STEP1不動産購入の相談

住宅や土地についての様々なご質問やご要望、その他、購入資金等のご相談も随時受け付けております。もちろん、ご相談は無料です。

不動産豆知識 不動産を購入するときに必要な諸費用

印紙税 売買契約書・ローン契約書作成の時に必要。(契約書に貼付する印紙代です。)
固定資産税等の日割額 決済日より日割計算による買主負担となります。
管理費・修繕積立金の日割額 決済日より日割計算による買主負担となります。
登記費用 所有者を明確にするため法務局に登記します。その際、固定資産評価額に応じた税金を納めます。登記は司法書士に依頼するのが一般的なので、手数料(司法書士への報酬)が発生します。
仲介手数料 不動産業者への媒介報酬。
不動産取得税 売買・贈与で不動産を取得したとき、都道府県が課税します。
融資手数料 金融機関から融資を受ける場合に必要です。
ローン保証料 融資を受ける時に、以前は保証人を立てることが条件でしたが、今では保証人の代わりに、保証会社などが引き受けてくれます。保証料は借入金額と保証期間によって異なります。
火災保険料 万が一の火災に備えるものです。
地震保険料 地震による火災は火災保険が適用されない為、これをカバーします。
団体信用保険料 住宅ローン契約者が死亡したり高度障害に陥った場合に残額を保険でカバーします。

STEP2物件の検索・ご紹介・案内

「西鉄の仲介」に直接ご相談の場合、当社コンサルタントが豊富な最新情報データの中からご要望に合わせた物件をご紹介いたします。もし、購入条件に合った物件がない場合は西鉄グループのネットワークや新聞・雑誌やインターネット等を活用して、ご希望に沿った物件をお探しいたします。
気に入った物件が見つかったら実際に現地へご案内いたしますので、物件や周辺環境をいろいろチェックしてみましょう。
ご見学をご希望の際は、事前に担当者(店舗)までご相談ください。

STEP3売買の相手方(売主様)との交渉

物件の現地見学等の結果、特定の物件を気に入り購入を検討する場合は、宅地建物取引業者を通じて、購入希望の条件を売主様に対し書面にて通知します。当社コンサルタントが、価格やその他条件について相手側(売主様)と折衝を行います。

STEP4媒介契約の締結・重要事項等の説明と売買契約の締結

「重要事項説明」とは売買契約の締結に先立って、物件にかかわる重要な事項を説明するものです。 「重要事項説明」を受けた後、「売買契約」が交わされます。売主様・買主様の双方が署名捺印し、買主様が手付金を支払って契約が成立します。
不動産売買契約書を締結しますと、以後は契約書の記載内容に基づいて権利や義務を履行することになる非常に大事な契約ですので、ご不明な点は必ず当社コンサルタントにご相談、ご確認ください。

住宅ローンの申込みについて

買主様において、ローン等の融資をご利用の場合は、契約締結後すみやかにローンの申込手続きを行っていただく必要があります。申込に当っては、各種の書類を手配・添付し、詳細な記載を要するローン申込書を金融機関にご提出いただきます。

不動産豆知識 住宅ローンについて

住宅ローンは、銀行ローン等の「民間住宅融資」の他に「公的住宅融資」「勤務先の社内融資」等があり、利用者の収入や取得する物件によって借入れ額が決定されますので、資金計画を当社コンサルタントとお打ち合わせください。

公的融資

公的融資には『住宅金融支援機構の融資(フラット35)』や『財形住宅融資』等があります。公的融資のうち、利用しやすいのは機構融資で、財形融資は勤務先で財形貯蓄をしている人を対象とした住宅ローンです。

民間融資

民間融資は銀行や生命保険会社、信販会社等が独自の規定に基いて住宅ローンの融資を行なうものです。金利や返済期間等の融資条件は各金融機関によって様々です。

住宅ローンのお申し込みに必要なもの
  • 住民税決定通知書
  • 収入証明書(または所得証明書)
  • 実印と印鑑証明
  • 重要事項説明書
  • 不動産売買契約書の写し
  • 融資の申込書類一式(融資機関ごとに異なります)
  • 印紙代 など

※これ以外にも必要になる場合があります。詳しくはお問い合せください。

※住宅ローン控除とは

住宅ローン控除とは、住宅の新築もしくは取得または増改築をして居住の用に供した場合において、一定の要件を満たした場合、その居住年から10年間、年末の住宅ローン残高に応じて毎年一定額を所得税額から控除できる制度です。詳しくはお問い合せください。

STEP5決済(残代金の支払)と物件のお引渡し

売買金額の残代金や公租公課等の清算金(固定資産税等、管理費、修繕積立金等)を売主様へ支払います。
残代金の受け渡しが済んだ後は、所有権移転の手続き、物件や玄関の鍵等の引渡しを受けます。

お引き渡しまで終了したお客様に、今回のお取引についての感想を「お客様アンケート」にていただいております。

不動産豆知識 物件引渡し直前のチェック項目

入居後のトラブルを未然に防ぐためにも売主・買主双方で物件の状態についての最終確認を行いましょう。

最終確認のポイント
  • 付帯設備表の内容との一致の確認
  • 物件状況報告書の記載内容との一致の確認
    (雨漏り・シロアリの害/建物構造上主要な部位の木部腐食/給排水設備などの故障)
  • 隣地との境界の明示
  • 電気・ガス・水道の使用方法、故障時の連絡先の引継ぎなど

STEP6リフォーム(当社リフォーム部門がお手伝い)

お引っ越し、ご入居の前に物件のリフォームをお考えのお客さまは事前にご相談ください。
当社のリフォーム部門、信頼と安心の西鉄リフォームがお手伝いいたします。

STEP7引越し・入居

引越しにあたり、電気・ガス・水道等の各種移転手続きや、金融機関・免許証等の住所変更手続きが必要になってきますので、事前にしっかりと計画を立てておきましょう。引越しの際は西鉄グループ、安心・スピーディの西鉄運輸引越サービスをご紹介いたしますので、お気軽にご相談ください。