土地の仮測量サービス

土地の仮測量サービス 土地の仮測量サービス

売主様のメリット

  • 仮測量による面積で契約ができ、売却後の買主様とのトラブルを回避します。

  • 事前に越境確認をすることで隣接地住民とのトラブルを回避します。

  • 売却前に必要な測量費用負担を軽減します。

  • 相続して土地に関する資料がなくても、仮測量で面積等が判明するので売却しやすくなります。

買主様に対しては…

  • 仮測量図により、具体的な建築計画が立てやすくなります。

  • 土地に関する情報(面積・境界等)が把握できているので安心して取引ができます。

  • 売主様・隣接住民とのトラブルを回避します。

  • セットバック範囲・面積が事前に分かる事で、建築計画が立てやすくなります。

仮測量とは(測量内容)

  • 隣地所有者(官・民)との立会いを行わずに、現存する境界標による測量。境界標がない場合は、お客様の指示及び現況により推測される境界標により測量を行います。
  • 越境の確認。越境がある場合は、現況による測量を行います。
  • 敷地内高低差がある場合は、変化点のみを対象とする簡易高低差により測量を行います。
  • セットバックが想定される場合は、現時点で入手可能な資料または現況より想定される中心線を基準とするセットバック面積を算出します。

サービス対象者

弊社規定の仲介手数料をお支払いただける個人の売主様。

対象物件

個人が所有する土地で、物件調査により弊社で仮測量が必要と判断した場合。

対象エリア

福岡都市圏・筑後エリア・北九州エリア。

※場所によっては、対応できない場合がありますのでご了承ください。

利用条件

  • 土地面積が500m²以下。
  • 現況の状態のままで測量可能。
  • 新たな専任媒介・専属専任媒介契約(媒介期間3ヶ月)の締結。
  • 媒介価格1,500万円以上。
  • 当初の媒介価格(売出価格)が弊社査定価格の120%以内である物件。

調査項目

  • 現況測量。
  • 越境確認。
  • セットバック面積の確認。
  • 境界標の確認。
  • 敷地内高低差の確認及び測量。
  • 仮測量図の作成。

その他

  • 測量は、売却活動の一環として行うものであり、それ以外の目的では利用できません。
  • 弊社仲介により不動産の売買契約が成立した場合、改めて確定測量またはそれに準ずる測量が必要なときは、これに要する費用はお客様のご負担になります。
  • 確定測量または境界標の新設・復元等を行った場合、仮測量調査結果と差異が生じる場合があります。
  • 境界標や境界線付近にフェンス・塀等の建築物、樹木等がある場合、測量ができないことがあります。
  • 道路境界線の確定、道路境界線の後退(セットバック)による境界標の設置を行う場合、別途費用が必要となります。
  • 隣地所有者との権利関係を確定させるものではありません。
  • 道路等、官有地との境界を確定させるものではありません。

ご不明な点がございましたらお近くの店舗へお気軽におたずねください。 店舗のご案内はこちらから

ご不明な点がございましたら
お近くの店舗へお気軽におたずねください。
店舗のご案内はこちらから