はじめてでも分かる!西鉄の仲介不動産売買ガイドライン「不動産売買How to集」購入・売却についての「疑問」「ポイント」をテーマごとに解決していくQ&Aページ はじめてでも分かる!西鉄の仲介不動産売買ガイドライン「不動産売買How to集」購入・売却についての「疑問」「ポイント」をテーマごとに解決していくQ&Aページ

一戸建てか?マンションか?

不動産売買が初めてだという方は、知識がないまま不動産売買を進めることに不安になることもあるかと思います。ここでは、初めて住み替えを検討する福子さんのお悩みに、西鉄さんがお答えしていきます。

Q.
マイホーム購入したいんだけど、まずは何から始めたらいいの?マンションと一戸建てどっちがいいか分からなくて・・・・
A.

まずは、購入後の生活をイメージして、具体的に希望する条件を考えてみませんか?考えたら、次に優先順位をつけてみましょう。

CHECK

家を買うなら一戸建て?マンション?

あなたの希望する条件をチェックしてみましょう!

  • 通勤・通学に便利な駅の近くが良い
  • 子供が小さいうちは、音など気にせずのびのび遊ばせてあげたい
  • 将来、引っ越しで売却する可能性が高い
  • 留守時のセキュリティが、ちょっと心配
  • 管理費は必要経費なので仕方ない
  • 災害などの被害が気になるので、構造にもこだわりたい
  • 家のメンテナンスは、正直面倒だ
  • ライフスタイルに合わせて内装や間取りなどリフォームしたい

チェックが終わったら次はポイントごとに一戸建て・マンション、それぞれの特徴を知りましょう。ライフスタイルによっても合う、合わないがありますよ。

Point01
立地
一戸建ての場合

ライフスタイルに合った環境が選べる

駅に近い便利な都会から、自然豊かな郊外まで、自分達の希望の環境に合わせて物件を選ぶことができるのが一戸建て。喧騒を離れて静かに過ごしたい、車などを交通手段としているので利便性はあまり重視していない、子供が小さいので公園が近くにあると嬉しいなど、自分達のライフスタイルに合った立地を選ぶことができます。

マンションの場合

駅に近く利便性の良い物件が多い

マンションは利便性を重視して建てられるケースが多いため、一戸建てに比べ駅直結や駅近物件を選べる可能性が高い。車やバイクなどを所有していない、共働きで忙しく、とにかく駅近の便利なところがよい、スーパーや病院が徒歩圏内だと嬉しいなど、利便性を重視される方には、マイホームを購入する際の重要なポイントとなるでしょう。

Point02
子育て環境
一戸建ての場合

騒音を気にせず、走り回れる環境

足音や大声を出しても気にせず子育てできるのが一戸建てのメリット。さらに、遮音性の高い窓を採用すれば、家が密集していても安心です。
庭付きにすれば、自然に触れることもでき、子供の感性を刺激しながら子育てを楽しむことができます。

マンションの場合

セキュリティ面での安心感が大きい

子どもだけで留守番をする際に、TVモニター付インターホンなどで来客者を確認することができ安心です。その他にも周辺に教育環境が整っていたり、公園やマンション共用の施設が充実していたりもします。
また、騒音が気になるという方は、1階や階下が駐車場などの2階を選ぶといいでしょう。

Point03
資産性
一戸建ての場合

立地・家の状態によって大きく変わる

マンションと同様、立地と土地の形状・道路付けが重要。また、マンションに比べ、一戸建ては売り貸ししにくい。利便性でマンションに劣ることがあったり、メンテナンスの有無によって資産価値が大きく変わる場合があります。

マンションの場合

売り貸ししやすい

転勤や引越しなど決まった場合、売り貸ししやすいのは利便性のよいマンション。ただし、立地にもよるのと、築年数の古い物件は管理費や修繕積立金が高額になりやすいので、注意。

Point04
セキュリティ
一戸建ての場合

防犯機器や警備会社を活用しよう

一戸建てはマンションなどに比べ玄関や窓が多いので、どうしてもセキュリティが甘くなる面がありますが、防犯対策をしっかりしておく必要があります。
新築なら、録画機能付きのインターホンが標準仕様である場合が多いですが、セキュリティを強化するためにも、防犯カメラの設置や警備会社のホームセキュリティを検討されてもよいでしょう。

マンションの場合

物件に合わせた対策が大事

オートロックのマンションは一戸建てに比べ外部から侵入しにくいメリットがありますが、バルコニーなどからの侵入も考えられますので、油断しないようにしましょう。
物件によってセキュリティ設備が変わるので、購入前に確認が必要です。

Point05
コスト
一戸建ての場合

購入後は自分で費用を決めることができる

購入後、駐車場代や管理費などがかからないことがメリット。将来の修繕費として積み立てをしていく必要があるが、時期や費用は自分で決めることができる。購入時の諸費用は、物件価格の6~10%程度が目安です。

マンションの場合

購入時の諸費用はマンションが安め

購入時の諸費用は物件価格の3~5%が目安で、一戸建よりも安い。ただ、購入後は管理費や修繕積立金、駐車場代など、ランニングコストがかかる。必要な出費であるため、入居後の費用を考えて資金計画を立てることが大切。

Point06
構造・工法
一戸建ての場合

金額や希望に合わせた工法選び

木造やコンクリート造、また工法も在来・2×4・プレハブなど様々あり、性能も日々進化しています。選択肢も多いので、工法によっては、気密性・断熱性が高いより精度の高い家ができます。

マンションの場合

耐久性が高い構造

マンションでは「鉄筋コンクリート造(RC造)」が主流となりますが、コンクリート造のマンションは木造住宅に比べて耐用年数が長く、また近年増加しているタワーマンションでは、更により強いコンクリートが使用されています。

Point07
メンテナンス
一戸建ての場合

自分たちで修理や補修の計画を立てる

建築会社によっては、定期点検などの購入後のフォローもあるので、まずは確認してみましょう。ですが、基本的には自分たちで補修や修理の手配をするので、メンテナンス費用として積み立てなどを行うことをお勧めします。外壁の塗り替えの目安は約10~15年。修理の際に、自分たちの好きな設備に変更できるメリットもあります。

マンションの場合

メンテナンスは管理組合が実施

マンションでは、通常長期修繕計画が組まれており、修繕費用は修繕積立金として毎月積み立てられるため、共用部分のメンテナンスは自分たちで考えなくて良いことが最大のメリット。注意しなければいけないのは、修繕積立金は段階的に値上げされるという点です。居住スペースの設備などは、自分たちで修理の時期を判断し、手配することが必要です。

Point08
リフォーム
一戸建ての場合

自由度の高い改築が可能

一戸建ては外観からすべて改築ができ、更に増築や減築なども可能となります。間取り変更などは工法によって自由度が大きく変わるので、一戸建てを購入する際は、事前にリフォームも視野に入れて確認しておくのがよいでしょう。

マンションの場合

リフォームは物件による

共用部分以外の専有部分(住戸内)のリフォームは自由にできます。 間取り変更から、水回りの移動まで可能なこともあるので、入居前やモデルルーム・管理規約などできちんと確認しておきましょう。

なるほど!子育てなら一戸建て、利便性ならマンションという概念ももう古いんですね。
まずはマンションか一戸建て、を決めるのではなく、押さえたいポイントをまとめて、情報収集・見学をしてみます。