土地の仮測量

土地売却前の専門家による調査で
境界に関するトラブルを未然に防止

土地の売却をする際は、正確な土地の面積が必要です。
契約前に仮測量を行い、境界標の有無や土地の広さを把握しておくと安心・安全です。

このような方にオススメします。

  • 面積や境界が分からない
  • 隣地に軒先や植栽がはみ出しているかも
  • 土地に関する資料がない

り主様のメリット

  • 仮測量による面積で契約ができ、売却後の買主様とのトラブルを回避します。
  • 事前に越境確認をすることで隣接地住民とのトラブルを回避します。
  • 契約前に必要な測量費用負担を軽減します。
  • 土地に関する資料がなくても、仮測量で面積等が判明するので売却しやすくなります。

い主様のメリット

  • 仮測量図により、具体的な建築計画が立てやすくなります。
  • 土地に関する情報(面積・境界等)が把握できるので安心して取引ができます。
  • 売主様・隣接地住民とのトラブルを回避します。
  • セットバック範囲・面積が事前に分かるので、建築計画が立てやすくなります。

測量内容

  • 隣地所有者(官・民)との立会いを行わずに、現存する境界標による測量。
    境界標がない場合は、お客様の指示及び現況により推測される境界標により測量を行います。
  • 越境の確認。越境がある場合は、現況による測量を行います。
  • 敷地内高低差がある場合は、変化点のみを対象とする簡易高低差により測量を行います。
  • セットバックが想定される場合は、現時点で入手可能な資料または現況より想定される中心線を基準とするセットバック面積を算出します。
  • 01仮測量図の作成

    土地の簡易測量を行い仮測量図を無償で作成いたします。

  • 02境界標調査

    境界標の有無を確認いたします。

  • 03越境調査

    工作物や植木などが越境していないか確認いたします。

  • 04セットバック面積調査

    セットバック提供面積を調査し、事前に有効宅地面積を確認します。

適用条件

対象物件 個人が所有する土地で、物件調査により当社で仮測量が必要と判断した物件
対象エリア 西鉄の仲介営業エリア内の物件
※地域によりお取り扱いできない場合もございます。
利用条件
  • 土地面積が500m²以下
  • 現況の状態のままで測量可能
  • 新たな専任媒介・専属専任媒介契約(媒介期間3ヶ月)の締結
  • 当社規定の仲介手数料をお支払いいただける個人の売主様
その他
  • 測量は、売却活動の一環として行うものであり、それ以外の目的では利用できません。
  • 当社仲介により不動産の売買契約が成立した場合、改めて確定測量またはそれに準ずる測量が必要なときは、これに要する費用はお客様のご負担になります。
  • 確定測量または境界標の新設・復元等を行った場合、仮測量調査結果と差異が生じる場合があります。
  • 境界標や境界線付近にフェンス・塀等の建築物、樹木等がある場合、測量ができないことがあります。
  • 道路境界線の確定、道路境界線の後退(セットバック)による境界標の設置を行う場合、別途費用が必要となります。
  • 隣地所有者との権利関係を確定させるものではありません。
  • 道路等、官有地との境界を確定させるものではありません。
  • 他サービスとの併用はできません。

【無料】査定依頼・売却相談はこちら

  • 西鉄の仲介
    選ばれる
    ポイント

  • 顧客満足度

    94.8%

    経験豊富な不動産売買の
    プロが対応
    (2014~2020年度
    当社お客様アンケートによる)

  • 福岡県内店舗数

    14店舗

    地域密着の
    情報力と
    販売力

  • 取引件数

    10,476

    安心と信頼の実績
    (2007~2020年度)