建物状況調査

売るときの安心、買うときの信頼、
その証が建物状況調査

建築士の資格をもつ検査員が、第三者的な立場で建物状況の調査を行います。
検査済の付加価値のある物件は、売却以後のトラブルを防ぎ、
安心できる物件としてアピールできます。

このような方にオススメします。

  • できるだけ売却後のトラブルを防ぎたい方
  • 安心の検査済み物件として、他の売出し物件と差別化したい方

り主様のメリット

  • 住宅を事前に調査することにより、建物の状況を正しく把握できます。
  • 引渡し後の買主様とのトラブルや、予期せぬ出費を未然に防ぐことができます。
  • 買主様に対して「建物状況調査済み」の住宅としてアピールできます。

い主様のメリット

  • 建築士の資格を持つ検査員が調査することで、購入予定住宅への不安を減らすことができます。
  • 補修が必要な部分が分かるので、購入後の適切なリフォームやメンテナンスの見通しが立ちやすくなります。
  • 調査結果が一定の基準を満たした場合は、瑕疵保証を利用することができます。

調査概要

建物状況調査

構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分を中心に目視・打診および検査機器を用いた計測による非破壊検査にて行います。建物状況調査による検査で適合と判定された住宅であれば、買主様が瑕疵保証を利用することができます。

  • 検査・保証会社 / 一般社団法人住宅あんしん検査
  • 検査項目 / 構造耐力上主要な部分、雨漏りの侵入を防止する部分、給排水管路
  • 検査方法 / 目視確認および一部計測確認

シロアリ調査

床下点検口から床下に進入し、目視・打診にてシロアリリスクに関して検査を行います。また建物の外周等も確認します。
合格した場合にはシロアリ保証の対象となります。

  • 検査・保証会社 / 日本長期住宅メンテナンス有限責任事業組合
  • 検査項目 / 床下、建物の外回り等
  • 検査方法 / 目視および打診

調査対象

  • 構造耐力上主要な部分

    基礎、外壁、土台・床組等にひび割れ、劣化等がないか?
    床・壁・柱が傾いていないか?

  • 雨水の侵入を防止する部分

    小屋裏、天井・内壁等に雨漏り跡がないか?
    外壁、シーリング部分、屋根ふき材等にひび割れ、劣化がないか?

  • 給排水管路

    給水管・給湯管、排水管、汚水管、雨水縦樋に詰まり、水漏れ、損傷等がないか?

  • 床下・建物の外周

    シロアリの検査

  • プロの検査員による
    公正な第三者検査が信頼を高めます!

    住宅に不具合がないか?雨漏りはしていないか?シロアリの害はないか?
    見た目だけでは判断することが難しい住宅の状況を、専門知識を持つプロの検査員が検査します。

    検査のポイント

    どんな人が調査をするの?
    建築士(既存住宅状況調査技術者)が調査します。
    調査の結果について詳しく知りたいのですが?
    調査後に建物状況調査報告書を提供いたします。

    ※調査終了後、約1週間で調査結果の概要とチェックシート、検査の記録写真、劣化事象等の箇所をまとめた報告書を提供いたします。
    建物状況調査報告書で何がわかるの?
    劣化や不具合等の建物の状況を把握できます。
    不具合部分が確認された場合、適切な補修を行うことで、瑕疵保証をご依頼いただけます。

    適用条件

    対象物件 個人のお客様ご所有の一戸建て、マンション
    ※シロアリ検査はマンション除く
    対象エリア 西鉄の仲介営業エリア内の物件
    ※地域によりお取り扱いできない場合もございます。
    利用条件 新たな専任媒介・専属専任媒介契約(媒介期間3ヶ月)の締結
    当社規定の仲介手数料をお支払いいただける個人の売主様
    媒介価格1,500万円以上
    【一戸建て・マンション】
    築30年以内・マンション専有面積50㎡以上
    その他
    • 各調査等の詳細は当社担当者にご確認ください。
    • 他のサービス、フェア等と併用できません。
    • 条件によっては、サービス適用外になる場合があります。
    ご注意

    次のいずれかに該当する場合は、調査内容を変更することや、調査を中止することがありますので、ご了承ください。

    • ①対象住宅の建て方(隣家等との距離等)、床下・小屋裏点検口が無いこと等により調査が困難または不可能な場合
    • ②容易に移動させられない家具等がある場合
    • ③天候不順等により調査を実施することが困難な場合

    調査結果は、次の判定または保証をするものではありません。

    • ①対象住宅の瑕疵の有無の判定
    • ②対象住宅に瑕疵または劣化事象等がないことの判定または保証
    • ③建築基準関係法令等への適合性の判定
    • ④対象住宅が、既存住宅個人間売買瑕疵保険契約の対象となることの判定
    • ⑤調査結果報告書の記載内容について、調査完了時点からの時間経過による変化または経年劣化がないことの保証

    【無料】査定依頼・売却相談はこちら

    • 西鉄の仲介
      選ばれる
      ポイント

    • 顧客満足度

      94.8%

      経験豊富な不動産売買の
      プロが対応
      (2014~2020年度
      当社お客様アンケートによる)

    • 福岡県内店舗数

      14店舗

      地域密着の
      情報力と
      販売力

    • 取引件数

      10,476

      安心と信頼の実績
      (2007~2020年度)