情報化社会の現代こそ
試される営業の提案力

大手門本店 営業

久保 亮太

Ryouta Kubo

2019年入社・業界経験12年

CAREER

2008年
大学在学中に宅地建物取引士を取得
2017年
2級ファイナンシャル・プランニング技能士資格を取得
2019年
西鉄の仲介に入社
2021年
店長代理に昇格

SKILL POINT

  • 01. 正確かつ的確に情報を伝えるプレゼン力
  • 02. 他店とも協力して顧客満足度を追求する柔軟性

専門的な話を、いかにわかりやすくリアリティを持って伝えられるか。

大学で宅建資格を取得し、卒業後は不動産業界一筋。関東や関西でも売買仲介の仕事に携わってきました。経験を積むごとに知識は増えていきますが、大切なのはそれをどうお客様に伝えるかということ。建ぺい率が、建築基準法が…なんて専門用語を多用しても、一般的には理解されにくいと思います。具体的な例をあげながら、できる限りわかりやすく説明することを心がけております。
特にご近所の売買状況など、身近な例をあげて説明すると、お客様の理解度も高まる気がします。ネットで簡単に情報を取得することができる今だからこそ、お客様が本当に欲しい情報・必要な情報をわかりやすく説明し、同時にエリアや物件を絞った、より深い情報を提供する。ここに不動産のプロとして私たちが介在する意味があると思います。

お客様のためなら、他店舗や同僚にも惜しまず情報を発信。

不動産の営業は、基本的に一人でじっくりとお客様に向き合う完全担当制です。私は、必要に応じてチーム体制で取り組むことも必要だと思っています。たとえば以前数億円相当の資産運用の相談があった際、様々な得意分野を持つプロと協働した方がお客様のためになると考え、他の店舗にも協力をお願いしました。複数人で業務を担当し、いろんなご提案を実現できた結果、お客様には非常に満足していただけました。
おかげさまで、その半期は契約件数で社内1位となり、多くのお客様に出会うことができました。その実績が評価され、店長代理にも昇格しました。その後、後輩の育成に関わることが増えましたが、ここでも顧客満足度を追求する気持ちは同じです。自分の知識やノウハウを惜しみなく伝え、後輩がさらに成長してくれれば、その先にいるお客様に還元できます。今後もチーム全体で成長していければと思っています。

PROFILE

「いつか海外移住がブームになるかも」と、得意の英語で情報収集

大学時代に1年間イギリスに留学し、卒業後も1年の語学留学を経験。おかげで英語が得意です。リモートワークや地方移住が増えつつある現在、いずれ海外への移住や別荘を購入される方も増えるのでは…と、趣味と実益を兼ねて外国の不動産情報をよくチェックしてます。

PRIVATE

旅行が好きでイギリス留学中は10カ国以上を周遊しました。